SAPデータベース使用状況を無料診断

長年稼働されているSAP ERPシステムの、データベース全体の使用状況や増加傾向、数多くある個々のテーブルの容量、伝票件数などは把握されていますが、伝票の種類ごとのデータベース使用状況や増加量を的確に把握することはできませんでした。例えば、財務会計伝票や購買発注伝票がデータベースを何%占有しているか、毎月何GB増加しているかといった情報です。
アイエックス・オープンシステムでは、お客様のデータベース統計情報などからデータベースの使用状況と増加傾向を分析し、表とグラフ等で判りやすい診断書を作成してご報告する診断サービスを、自社のSAPシステムを対象に初回に限り無料で実施したします。これにより、どの伝票をアーカイブすべきか、アーカイブの効果がどの程度あるのかが把握できます。

お申込みやお問い合わせにつきましては、お手数ですが下記のメールアドレスまでご連絡ください。
(本件については、お電話でのお問い合わせはご遠慮頂きますようお願いいたします)


なお、お申し込み状況や期間、お客様の環境・データベースの種類などで実施できない場合、またはお時間を頂く場合がございますので、予めご容赦ください。